毎日が告別式

人生どん詰まり元芸大生のブログ

スマホ無くしたほんとクソ

朝。『ありがとう浜村淳です』を聞いていた。

一番好きなラジオ番組。浜村淳がふがふが喋っているのを、聞き役の”ありがとう娘”が「そうですか。そうですか」と優しく相槌を打つのが、完全に介護福祉士と利用者の関係でじわじわくるのだ。

 

失礼。

 

そのラジオ番組には、占いコーナーがある。私は5月生まれ。5月生まれの人は、遠くにドライブに行くと、気分転換になって、良いらしい。そんなの5月生まれじゃなくても誰でも遠くにドライブしたら気分転換になるだろうとは思っても、絶対に言ってはいけない

 

失礼。

 

だからという訳ではないが、久々に原付に乗った。駅前に用事がある。約20分の距離だ。あまり遠くはない。

用事はあっという間に済んだのだが、帰る前に、もう一軒寄ることにした。バイク屋だ。原付の調子がどうにもおかしい。もののついでに修理してもらうことにした。

 

バイク屋に原付を預け、歩いて家に帰ろうとした。そこで、スマホがないことに気づいた。メットインの中に忘れてきたのかな、と思って確認したが見つからない。困った。走っている最中に落としたのかもしれない。

 

まずい。これはまずい。走行中、私の後ろにはでっかいトラックがいた。もしかしたらもしかしなくてもいやしかしこれは。

 

やばい。

 

とりあえず電話をかけてみよう。もしかしたら誰かに拾われているかもしれない。

すぐそばに、私のバイト先である焼肉屋があった。そこの店長に頼んで、私のスマホに電話をかけてもらった。

 

店長「……」

わし「……」

店長「あっ、もしもし?」

わし「えっ!?」

店長「(ニヤッ)嘘や」

わし「あああああああああああああああ」

 

誰も出なかった。絶望だった。店長のおかげで絶望二倍マシだった。

 

店長に礼を言い、店を出た。困った。実に困った。私のスマホiPhoneiPhoneを探す、という機能がある。パソコンからログインし、GPSを使ってスマホがいまどこにあるのか調べることができる。しかし、私のパソコンは壊れていた。詰んだ。いや、まだ詰んでいない。私には彼がついている。

 

100円玉を握りしめて、公衆電話に向かった。もう頼れるのは彼しかいない。彼、彼氏だ。彼氏(胸毛)だ。胸毛が濃い彼氏だ。

電話で事情を説明し、iCloudのIDとパスワードを教え、私のスマホがいまどこにあるのか調べてもらった。すると、先ほどのバイク屋付近にあるということがわかった。ちゃんと調べたつもりだったが、もしかしたらメットインの中に入っていたのかもしれない。

 

足元を見ながらバイク屋に向かった。事情を説明して、メットインの中を確認した。しかしみつからない。店内も探してもらった。しかし見つかる訳がない。電話をかけてくれた。出ない。詰んだ。もう詰んだ。

 

いや、まだだ。

 

電話を借りて、もう一度胸毛に電話をかけた。

もう一度スマホの居場所を確認しようと思ったのだ。すると、今度は違う場所を教えられた。私のバイト先付近だという。今いる場所から、バイト先までは徒歩1分。位置情報がずれていたのかもしれない。

 

バイク屋に礼を言い、バイト先付近の捜索に向かった。

ない。ない。どこにも落ちていない。しかし、胸毛はバイト先の目の前にあるという。

……もしかしたら、誰かがバイト先に届けてくれたのか?

 

そんな都合のいい話があるわけない。そう思いながらも、藁にもすがる思いで再びバイト先を訪れた。

 

わし「スマホ届いてませんか!?」

店長「(ニヤッ)届いてるよ」

わし「絶対嘘や! いやあの、GPSで調べたらここがでてきまして、」

店長「(ニヤッ)届いてるよ」

わし「絶対嘘や!」

店長「(ニヤッ)ほんまやで」

 

と、歩き出す店長。

 

わし「えっえっえっ」

店長「ほれ」

 

と、スマホを渡される。

 

わし「ええええええええええええええええ」

店長「いや、あの後電話が繋がってな。車に轢かれる直前だったらしいぞ。車でとりに行ってやったんや」

わし「あああああああああああああああああ」

店長「(ニヤッ)轢かれる直前だったらしいで」

 

おそらく嘘である。

 

わし「ありがとうございますありがとうございますありがとうございます」

 

ここでバイトしててよかった。

 

店長に何度もお礼を言い、その後バイク屋にもお礼を言いに行った。原付は直っていた。

しかしエンジンがかかりにくいらしい。バイク屋が何度かけようとしてもかからない。しかし、わたしが触るとかかる。

 

バイク屋「相性があるのかもしれないね」

 

原付は直って、いや治っていた。なんだか急に愛しくなった。

 

バイク屋さん、バイト先の店長、スマホを拾っってくれた人、胸毛。

たくさんの優しい大阪人のおかげで、わたしのスマホは生還した。ついでに原付も生還した。だから今日は、スマホ記念日。ついでに原付記念日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい浜村淳

おい浜村淳おい。

 

 

 

 

そりゃある意味気分転換にはなったけども。

気分を転換せざるを得なかったけども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜村淳なんも悪くないです。

そんな『ありがとう浜村淳です』は、毎週月曜のから土曜の朝8時からMBSで。

みんなで聞こう。