毎日が告別式

人生どん詰まり元芸大生のブログ

アンチと友達になろうとしたんだけど拒否された話

お題「これって私だけ?」

 f:id:osakanafurby:20170603210422j:image

 

うちの犬がかわいい。

昨日、雷が鳴っていた。

うちの犬は雷が怖い。

なのでなでなでしていたら膝にのってきた。

かわいい。超かわいい。

あまりにかわいいのでこのかわいさを誰かに伝えたくなった。

なのでツイキャスというものをはじめてみた。ネットの生放送。これでうちの犬のかわいさを全国に発信するのだ。

 

はじめてのツイキャス。視聴者なんかいるわけがない。しかしツイッターのフォロワーさんが来てくれた。暇を持て余す私の相手をしてくれた。とてもありがたい。演劇論について語って、と言われたので演劇をなめている役者について話していました。

すると視聴者が増えた。コメントが来た。

 

「そんなことを言えるあなたは偉いんでしょうね」

 

???????

知らない人からの突然のコメントにびっくりしてしまった。なぜこんな尖ったコメントを急に投げつけられたのか。なぜ攻撃されたのか。この人のことは何も知らないが、理由なく人を傷つけるわけがない。きっと何か理由があるのだろう。

 

私「何か嫌なことでもあったんですか? あっ、うちの犬見て癒されてください」

 

するとその人はいなくなった。なんだったのだろう。気になったので、その人のツイートを見てみた。すると、出るわ出るわ私に宛てた罵詈雑言が。念のために言っておくが、全く知らない人だ。ほんとうに知らない人だ。

 

f:id:osakanafurby:20170602231918j:image

 

この人は私のことが嫌いらしい。それはよくわかった。しかし驚くことに、この人は私のブログを読んでくれている。私のツイートも読んでいる。そして空リプしている。前に「感情は単色ではない」という記事を書いたのだが、この方は「感情が複数あるなんて当たり前」と仰っている。そ、そんなことは言っていない。言っていないのだが、とにかくこの方は私のブログを読んでくれている。

 

osakanafurby.hatenablog.com

 

前に、おもちゃ売り場に子供を放牧するなという記事を書いた。

 

osakanafurby.hatenablog.com

 

その直後に、炎上してもいいよとツイートしたのだが、その方は

 

「炎上するほど読まれてないよ」

 

とまた空リプ。何故私のブログのpv数を知っているのだろうか? もしかしたら、いやそんなまさか、しかしもしかしたら、霊能者、霊能者なのだろうか?

 

いやそんかまさか

 

しかしそうとしか思えない。霊能者なのだ。この方は、きっと高名な霊能者なのだ。

それだけではない、この方は私に関心を持ってくれている。フォロワーでもないのに、わたしのツイートを逐一観察し、空リプを送り、三人しか見ていないツイキャスもわざわざ見てコメントを送り、ブログも読んでくれている。

好きの反対は無関心である。この方は、わたしに関心を持ってくれている。

 

霊能者に関心を持たれている。

 

やばい。これはやばい。昔、美容院に行った時に、美容師が「知り合いの霊能者がねー」と話しかけて来た時がある。なんやそれかっこいいな!と思った記憶がある。知り合いに霊能者。すごくかっこいい。

そしてこの方は、霊能者。知り合いではないが、向こうはわたしのことを知ってくれている。

 

友達になりたい。

 

そう思った。心からそう思った。なので、思い切って声をかけた。

 

f:id:osakanafurby:20170602233054j:image

 

断られた。

でもめげない!めげないんだから!

さっき「お会いしましょう!」「お友達になりましょう!」とリプを送った。

わたしのツイートを曲解していたので誤解を解きたいのだ。

 

 

きっと友達になってみせる!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

追記。

「友達にはならないしもうコメントもしないでほしい」という内容のリプライが来たので、「では私に対する空リプもやめていただけますか? 全部見ています」と返信したら、「わかりました」とブロックされました。しかしアカウント山ほどあるので無駄です。霊能者さんがまた空リプを始めたら、今度は実際に会いに行こうと思います(にっこり)