読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が告別式

人生どん詰まり元芸大生のブログ

実家ってすごいなぁ。

実家ってすごいなぁ。

飢えない。

実家ってすごいなぁ。食べ物がたくさんある。

 

 

 

 

私の胃は消化がものすごく早い。ドン引きされるレベルで早い。どんなに食べても直ぐに腹が減る。胸毛(彼氏)にはよくこう言われる。

 

私「お腹すいた」

胸毛「化け物やな」

 

ひどい。

 

私「お腹すいた」

胸毛「流石やな」

 

あまりにもひどい。

とにかくひたすらに燃費が悪い。だから一人暮らしは大変だった。エンゲル係数が高い。晩御飯を食べ終わって、風呂に入ってゴソゴソして、布団に入る頃にはもう腹が減っている。減りすぎて寝られない。晩御飯を二階食べるなんてことはザラだった。深夜のコンビニは親友だ。

 

とにかく腹が減る。常に飢餓状態である。

 

しかし実家はすごい。飢えない。

今帰省しているのだが、実家には常に何かしらの食べ物がある。

朝起きると晩御飯ができている。みそしるが私に生きろと語りかけている。

昼ご飯は自分で用意する。冷蔵庫が私に生きろと語りかけている。開けると、中には生命の源がみなぎっている。

夜になると晩御飯が出てくる。大量に出てくる。足りないということはまずない。母の作った食事が、唐揚げが、鶏肉が、片栗粉が、味醂が醤油が料理酒が私に生きろと語りかけている。

 

 

 

実家はすごい。

本当にすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きます。

たくさん食べて超ハッピー。