読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が告別式

人生どん詰まり芸大生のブログ

弟が宗教勧誘と闘った話

つぶやき

今年の夏休み、高野山で宗教と触れ合ってきたのだが、私の弟も、下宿先で宗教と触れ合っていたという。宗教勧誘に遭ったのだ。

 

私の弟は、とても賢い。

高校時代は常に主席で、部活では主将を務めていた。現在は大学生で、当たり前のように特待生だ。

対する私はクソFラン芸大生である。兄弟は足して百とはよく言ったもので、うちの場合は弟が99でわたしが1だ。生まれてくるんじゃなかった。

 

そんなエリート大学生の下宿先に、宗教勧誘がやってきた。普通の人ならさっさと追い返すであろう彼らと、何を思ったのか弟は一対一で対決したらしい。

 

やってきたのは若い女性。目がキラキラしていたという。

その宗教に入ると、いいことが沢山あるらしい。例えば、その宗教に入ったら自閉症が治っただとか、視力が回復しただとか。

そして震災が起こっても、その宗教に入っていれば死なないらしい。

 

弟「いやそれプラシーボ効果じゃないんですか?」

女「そんなことないですよォ」

 

その宗教には今数万人の信者がいるそうなのだが、これからどんどん増えるらしい。

そしてどういう理屈なのかはわからないが、そのうち六千万人になるらしい。そして信者の数が六千万人になると、教祖の遺歯?が光り輝くらしい。

 

弟「いやなんで六千万人になったら歯が光るんですか?」

女「決まってることなんですよォ」

 

わけがわからない。

そしてその教祖の歯は、現在も細胞が増え続けているらしい。

 

弟「それ見たんですか?」

女「いや見てないですけどォ」

 

見てないんかい。

そしてこれから地震が起こる場所の予想地図? のような物を見せられたらしい。


女「すごいでしょォ! こんなの見たことないでしょォ」

弟「いや見たことありますけど」


弟強い。

しかし引き下がらない勧誘。そこで弟は、


弟「わかりました。はいります」

女「?!」

弟「これから信者が六千万人になって、教祖の歯が光り輝くんですよね?」

女「はい!」

弟「じゃあ歯が光り輝き出したら入ります」

女「」


弟強い


女「いや、でも、その時お兄さん新潟に住んでないかも知れないじゃないですかぁ」

弟「六千万人でしょ? 人口の半分でしょ? じゃあ僕が何県に住んでいても、その辺の人に声掛けたら入れますよね?」

女「」


その後も押し問答を続けたそうだが、結局女は宗教新聞だけ置いてすごすごと帰って行ったという。なお記事の内容は非常に胡散臭かった模様。弟強い。


しかしそれからも、数週間に一度勧誘が来るという。


弟「最初に来た人は目がキラキラしてたけど、次に来たおばさんはなんか目が澱んでて、じっと見つめたら目をそらしてくるから、宗教の闇を感じた」


弟強い。

歯が光ったら入りますのくだりは不覚にも笑った。


私「あんたそれほんまに歯が光ったらどうすん」

弟「それは……入るしかない……」


どんまい!

いいなぁ、うちにも宗教勧誘来ないかなぁ。

大昔に一度だけ来たことがある。インターホンが鳴ったので受話器を取ったら、聞いてもいないのにハロウィンの由来について語ってくる謎の女。ついにうちにも来てくれた! と大興奮だったのだが、


「興味あります!!!!」


と言ったらそれ以来きてくれない。

なんでだろう。


あなたのために祈らせてくださいとか言われたい。


あといつだったか、胸毛(彼氏)と逢引していたら、お姉さん二人組に、


「私たち今修行してるんですけど、痛いところとかありませんか?」


と聞かれたことがある。腰痛で死にそうだったので、腰が痛いですと伝えたらなんか手をかざされた。(ちゃんと私と胸毛の許可を取ってから)


世間話をしながら手をかざされること数分。


お姉さん「どうですか? 少しは良くなりましたか?」

わし「うーん」

胸毛「うーん」


するとお姉さん達は少しだけ残念そうな顔をしたものの、お礼を言ってから笑顔で去って行った。なんか感じのいい宗教だった。


わし「あのさあ……実はちょっとだけ痛くなくなった気がする……」

胸毛「俺も……」



ぷ、プラシーボ効果だよね!








おわります。